助産師で、やる気のある方大募集


by 87kz9o0pna

地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は1日、先月27日に大地震に襲われた南米チリの首都サンティアゴ付近を陸域観測技術衛星「だいち」で撮影した画像を公開した。地震後の画像には、火災によるとみられる黒煙が広い範囲を覆っていた。
 だいちは地震から約8時間後、サンティアゴ付近を撮影。建物の倒壊や地形の変化など直接的な被害は判別できなかったが、北西部の広い範囲に黒煙が広がっているのが見えた。煙の最も濃い場所を昨年2月に撮影した画像で拡大してみると、工場のような建物がある区域だった。
 撮影データは国際機関を通じて提供され、被害状況の把握などに役立てる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション

<津波警報>レベルダウン迅速化に言及 中井担当相(毎日新聞)
<事業仕分け>狙いは公費支出あぶり出し(毎日新聞)
避難指示応じず、津波到達予想時刻にサーフィン(読売新聞)
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色(産経新聞)
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」(産経新聞)
[PR]
by 87kz9o0pna | 2010-03-05 18:40