助産師で、やる気のある方大募集


by 87kz9o0pna
 自民党の谷垣禎一総裁は18日の記者会見で、党所属国会議員による両院議員懇談会を来週後半から計3回開催する考えを明らかにした。初回は党運営のあり方を議題とし、与謝野馨元財務相の月刊誌論文を契機に広がった執行部批判に谷垣氏自ら答える。しかし、谷垣氏は大島理森幹事長らの交代要求は拒む構えで、懇談会が単なる「ガス抜き」に終われば、求心力の回復はおぼつかない。

 与謝野氏支持グループは谷垣氏との会談を求めたが、執行部は党全体で議論するのが得策と判断した。開催を遅らせたのは、鳩山邦夫元総務相の離党に同調する動きがないことから、さらに冷却期間を置く狙いもある。党幹部は「ハプニングを避けるため、正規の両院議員総会ではなく懇談会にした」と明かした。2、3回目は参院選の政権公約に盛り込む基本政策を議論する。

 谷垣氏は会見で「必要なのは人事の見直しよりも、参院選を一体で戦うための体制の大幅な強化だ」と述べ、執行部の交代を改めて否定した。

 各派領袖も18日の派閥会合で党内の結束を呼びかけた。麻生太郎前首相は「前回の内閣でも仲間割れという話を随分と言われて、敵(民主党)の点数を上げたことを忘れている」。ただ、古賀誠元幹事長は「総裁はじめ執行部に参院選に取り組む危機感が足りないことを県連は心配している」と苦言を呈した。【木下訓明】

【関連ニュース】
谷垣総裁:参院選に進退かける 党会合で「私の正念場だ」
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
谷垣総裁:「民主は濁った水」
大島幹事長:舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及

<三浦和義元社長>自殺は「事件にせず」最終報告(毎日新聞)
覚せい剤使用容疑で追送検=JAYWALK中村容疑者−「口から飲んだ」・警視庁(時事通信)
<高校無償化>朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請(毎日新聞)
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明(産経新聞)
<もんじゅ>耐震性問題なし 原子力安全委(毎日新聞)
[PR]
# by 87kz9o0pna | 2010-03-23 20:14
 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、29、30の両日にカナダで開かれる主要8カ国(G8)外相会合に合わせた日米外相会談で政府案を米側に提示することはないとの見通しを明らかにした。
 平野長官は「今の状況で言ったら(提示することには)ならないのではないか。まだ政府のベース案がそこでしっかりして、ということには、わたしの理解ではならない」と述べた。 

【関連ニュース】
今月末に日米外相会談=普天間移設など協議
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止
「日本の状況関係ない」=訪日中止で米国務次官補
米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相

<郵便不正事件>枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」(毎日新聞)
<東海道新幹線>三島−静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)
癒やしの府住ペット 癒やされぬ無断飼育 ルール無視入居者苦情相次ぐ (産経新聞)
<原爆症>さらに1人認定 賠償請求は棄却 名古屋高裁(毎日新聞)
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す(時事通信)
[PR]
# by 87kz9o0pna | 2010-03-19 12:02
 堺市中区のマンションで生後2カ月の女児が頭を揺さぶられ死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された母親の武中明日香容疑者(24)が、「夫が育児に協力的でないので悩んでいた」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。武中容疑者は育児を相談していた堺市中保健センターに「首を絞めてしまうこともある」と話していたことも判明。府警は武中容疑者が孤立感を深めて虐待に及んだとみて、同日午後に殺人容疑で送検、育児状況を詳しく調べる。

 捜査関係者などによると、夫(23)は綾音ちゃんが昨年11月に生まれる前には堺市の出産前教室に参加することもあったが、誕生後は積極的に育児に関わっていなかったという。

 武中容疑者は出産後、夜泣きなどでストレスを募らせており、夫に対して「育児態度に不満を持っていた」と供述。その一方で、「夫と交際していたころの生活に戻りたかった。綾音がいなくなればいいと思っていた」とも話しているという。

 堺市によると、武中容疑者は事件3日前に堺市中保健センター職員が自宅を訪問した際に「子供がかわいいと思えない。首を絞めてしまうこともある」と訴えていたという。

【関連記事】
兵庫・三田の女児虐待 委員会審査経ず帰宅 母と関係改善と判断
1歳女児、虐待死か あご骨折、体にあざ 大阪
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」
埼玉、奈良で虐待死相次ぐ ニッポンの処方箋は
継母を傷害致死容疑で再逮捕へ 頭部に衝撃? 兵庫の女児虐待
20年後、日本はありますか?

ミキティらブログのID流出 ホリプロの元契約社員を逮捕(産経新聞)
現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)
蓮池薫さん、新潟大の博士前期課程に合格(読売新聞)
殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
<枝野担当相>事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表(毎日新聞)
[PR]
# by 87kz9o0pna | 2010-03-17 22:09
 東京都台東区のビジネスホテル「ホテル蔵前」の火災で、煙を吸うなどして宿泊客の男女4人がけがをし、病院に搬送されていたことが14日、警視庁蔵前署への取材で分かった。
 同署によると、けがをした宿泊客は20〜30代の女性3人と30代の男性1人の計4人。同日未明の段階では3人だったが、その後1人増えたという。いずれものどの痛みなどを訴えていたが軽症。
 火元とみられる1階部分には、生ごみやシーツなどが置かれており、同署は出火原因を調べる。 

【関連ニュース】
消火設備の法令化提起へ=邦人遺族、19日帰国
福岡県の2人と連絡取れず=JR九州が旅行手配

三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず−装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
切手偽造で会社役員逮捕=「手作りで1枚1時間」−大阪府警(時事通信)
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で−佐賀大学(時事通信)
シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで(産経新聞)
[PR]
# by 87kz9o0pna | 2010-03-16 14:47
【麗し大和】(10)

 紅蓮の炎と聖なる水が春を呼ぶ古都の風物詩、東大寺二月堂のお水取り(修二会、しゅにえ)。天平期の752年に始まり、一度も絶えず1259回目を迎えたというからすごい。練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧侶を二月堂(国宝)へと導くお松明(たいまつ)が有名だが、だいご味はそのあと、お堂の中にあった。

 「なーむかーん(南無観)」。朗々と続く声明にジャランと鈴の音(ね)、ブォーとほら貝が鳴り、ガタンガタンと木靴を踏みならす音。バーン!と激しい響きに目をこらすと、ひざを板に打ち付ける荒行、五体投地が始まっていた。「水とりや氷の僧の沓(くつ)の音」と芭蕉は詠んだけれど、ろうそくに照らされた内陣はさながら“聖劇”の舞台。格子越しに参拝者もその異空間を体感できる。

 そもそもお水取りは「悔過会(けかえ)」といい、本尊の十一面観音に罪をざんげして1年の平和や人々の幸せを祈る法会(ほうえ)だ。神仏習合を今に残す不思議な行事でもある。

 練行衆は約1カ月に渡って厳しく精進潔斎(しょうじんけっさい)。災害や暖冬にも「ふと自分のせいかなとも思う」と話す進行役の堂司、上司永照師の言葉に頭が下がる思いがした。平安末期の平氏による焼き打ちも二月堂が焼失した江戸時代も、連綿と受け継がれてきた行事には「やらねばならぬ」という覚悟が見える。

 12日は華やかな籠たいまつが上がり、若水をくむ「水取り」、火の行「達陀(だったん)」などが続く。15日未明の満行を見届けて、ほっとしたように春が奈良にやってくる。(文 山上直子、撮影 大塚聡彦)

【関連記事】
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色
知る人ぞ知るウマさ スッキリ飲める「濁酒」
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り
名だたる作家もメロメロの聖女
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<PKO>ネパール支援4カ月延長(毎日新聞)
女性下着会社に業務停止命令=会員が虚偽内容で勧誘−北海道経産局(時事通信)
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
<ユーチューブ>逮捕の発端に バイクで時速188キロ(毎日新聞)
<宮崎家族3人殺害>偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(毎日新聞)
[PR]
# by 87kz9o0pna | 2010-03-11 19:34